なぜずっと文章を書き続けるのか

ブログを書き続けて10年。数年前から原稿料も発生するようになり、それなりにウェブでも記事が読まれるようになりました(とはいえ、まだまだ修行中ではありますが)。お陰様で「記事読んだよ!」と言ってくださることも増えました。「あの記事、とても役に立った!」と言って頂けるのが嬉しくてたまりません。本当に感謝です。

なぜこれほど記事を書き続けたいのかというと、やはり「認められたい」欲があることは否定できません(そりゃあ若者ですから)。でも、ここ数年感じているのは、「認められたい」欲よりも「人の役に立ちたい」欲&「人に楽しんでもらいたい」欲のほうが強くなっている、ということ。自分主体ではなく、エンターテイメントとして、いかに読者に喜んでもらえるか? どういった内容なら役立つコンテンツになるのか? ということを考えることが多くなりました。

ネットは玉石混交ですからね。ブログ記事も初期の頃は「説得力がない」と散々言われていました。しかし、最近はブログ記事も参考にされることが多くなってきたように思います(ブログ記事の質が上がったと思いますし)。ブロガーとして、ブログ記事の質の向上は第一に考えるべきことです。そのためにも、「認められたい」より「役に立ちたい」という読者主体の記事を書く必要があると思います。

これからもずっと、役に立つ記事&面白い記事を書いていきたいですね。生きている限り。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>