「私の血液は、カフェインでできてるの。」(ノマドワーカーの7月~10月の喫茶店代まとめ)

8885f49991ad1ad8bdf2d7ff92c0ec4b_m

家田荘子さんあたりが「コーヒーと寝た女たち」という小説を書いてくださることを期待しつつ…。

実は10月1日よりアークヒルズライブラリーに入居しています。やっぱり捗りますね。客層も穏やかで静か。朝7時から24時まで開館しているので、締め切り間近の原稿でも超集中して書き上げることができます。生まれ変わってもアークヒルズライブラリーを使いたいですね。

そういうわけで10月からノマドワーカーを卒業したわけですけど、実際どのくらいカフェで作業する頻度が減ったのか気になります。そこで今回は、前回に引き続き、自分が1か月間に使用したカフェ代をチェーンごとにまとめてみることにしました。以下に2014年7月~10月の喫茶店代を示します。

2014年7月~10月のコーヒー代

141101

というわけで、相変わらずスタバ一択となりました。注目すべきは9月のスタバ代の「12558円」というところでしょうか。システム手帳を見てみても、ほぼ毎日(多い日では2回)スタバに行った記録が残っています。なぜ人はスタバに惹かれるのか。そこにはコーヒーとテーブルがあるだけではなく、「サードプレイス」としての癒しがあるからでしょう。

私はいつもドリップ(302円)しか飲まないので、単純計算で41回(もちろんおかわり108円分も含む)スタバに行っていることになります。もしスタバにマイレージサービスがあるならば、私は航空券1枚を貰えるくらいスタバに入り浸っているのです。

スタバ芸人がアークヒルズへ

そんなスタバ芸人ですが、10月からアークヒルズに入居することになり、喫茶店へ行く回数もやや少な目に。もちろんほかのチェーン店よりは桁違いにスタバに行ってはいるんですが、基本はアークヒルズで仕事をしています。それでもスタバに月2416円を使っているというのは、一般的にはどうなんでしょ。単価の高い飲み物だと500~600円ですよね。それを月4回買うと考えれば、毎週1回スタバに行く人並みのコーヒー代ということになります。月4回のスタバというと、一般人のレベルに近いように思えます。でも9月はそれの5倍もスタバでお金を使っているので、やはり異常なんでしょうねえ。

今後はアークヒルズ利用料とスタバ代の兼ね合い

アークヒルズはもちろん無料ではなく、入会金1万円の月9000円(税抜)。入居すればするほど毎月9000円の利用料に近似していくことになります。9000~10000円だと今までカフェでカタカタカッターンしていた頃よりも安いので、当分はアークヒルズでカタカタカッターンしようと思います。

ノマドな人が見落としがちな「交通費」

実はノマドワーカーにとって見落としがちなのが「交通費」。スタバに遠征するだけでも130円程度の電車賃が掛かってしまいます(往復だと260円!)。なので、ノマドワーカーの経費には、カフェ代+交通費を一緒に考えなければなりません。私の場合は家とアークヒルズの定期券を購入したので、都内をブラタモリしていた頃よりは交通費も圧縮できています。

まとめ

まだ10月分の喫茶店代しか出ていませんが、以前よりはだいぶ圧縮できたのではないかと感じています。あとは売上を上げるのみ。日々精進してまいります。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>