「さんまの向上委員会」はテロップが出なくて安心して見られるという話

b2dd0f4203f856a5198b3bfee10b10f7_s

「さんまの向上委員会」、面白いかどうかはさておき、毎回見ごたえがあります。まず、テレ東とTBSで安定的な司会をこなす今田さんがひな壇にいて、ひな壇的な回しをしている点。もう司会枠なのに未だに若手のようなテンションで収録に臨んでいる姿からは、原点を忘れないという今田さん本人の信念を感じます。加えて、大人数の時に必ず場を壊していく爆笑問題・太田さんも存在感があるし、ホリケンのような飛び道具もある。これはもうフジテレビの伝統芸であり、フジにしかできないんでしょうねえ。みんな冠持っているのに、汗かいて全力で。

関連記事:堀内健のどこがすごいのか、最近ようやくわかるようになった、という話。

で、これは明石家さんまさんのポリシーらしいやねんけど、番組での発言がテロップにはなっていないんですわ(メモ書き程度は表示される)。これは、昔っからのバラエティ好きには丁度良い感じ。テロップが無いから、画面に邪魔されずに番組を見られるわけです。昔はどの番組もテロップなんてなかったんだけどなあ。噂によれば電波少年あたりから(探偵!ナイトスクープ説もある)テロップが多用されて、画面の四隅に常時文字が表示されるようになってしまいました。邪魔です。理想は「ニュース7」並みのテロップの量なんですがね。テロップを見てから笑う層ってどれぐらいいるんか知らんけど、もう視聴者も「テロップは要らない」って気づいているんじゃないか、と思うわけです。

でも、「フラッシュには注意してください」とか「特別な訓練を受けています」とか「諸説あります」的な説明テロップは入れないといけないんでしょうね。視聴者からの苦情も相当でしょうけど。じゃあ壇れいが金麦のCMでありえない嫁像を演じることに関して「この奥さんはフィクションです」とか入れないんかい、と突っ込んでしまいますがな。

とにかく、興味深いのはこの「さんまの向上委員会」で結局はさんまさんが全部持って行っているという点と、女子アナの久代萌美さんが全然笑っていないシーンがあるという点です。後者はリアルに芸人によって笑っていない時があるので怖いですわ。以上。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>